低金利の今がチャンス!住まい屋きらくの住宅ローンの借り換えについて

以下のいずれかに当てはまる方は
ローン残高を減らせるかも知れません

チェックマークアイコン 借入金利が 1.5% 以上ある

チェックマークアイコン 借入残高が 1,500万円 以上ある

チェックマークアイコン 残りの返済期間が 15年 以上ある

チェックマークアイコン 公的機関(旧公庫)のローンを組んでいる

チェックマークアイコン 段階金利の上昇が間近に迫っている

浮いたお金でこんなことができる!

例1:旅行に行く

旅行

例2:カメラ・音楽などの趣味に費やす

趣味

例3:リフォームをする

リフォーム

例4:教育資金に充てる

教育資金

例5:マイカーを買う

マイカー

例6:買い物をする

買い物

例7:貯金をする

貯金

実際の住宅ローン削減事例

ケース1:住宅ローン借換のA様

返済期間 ローン残高 残り返済期間
35年 2,022万円 19年
借り換え前の金利 借り換え後の金利
3.15% 0.775%
借り換え後に総支払額が削減できるイメージグラフ

総支払額 4,520,910円 削減!

※当初借入金額を3,000万円とし、借換時の諸経費分を上乗せして試算しています。

ケース2:旧公庫融資→フラット35への借換

返済期間 ローン残高 残り返済期間
35年 2,098万円 20年
借換前の金利 借換後の金利
3.15% 1.20%
借換前総支払額 借換後総支払額
2,830万円 2,360万円

総支払額 470万円 削減!

※当初借入金額を3,000万円とし、借入年を2000年として試算しています。

ケース3:変動金利→フラット35への借換

返済期間 ローン残高 残り返済期間
35年 2,379万円 25年
借換前の金利 借換後の金利
2.375% 1.47%
借換前総支払額 借換後総支払額
3,157万円 2,844万円

総支払額 313万円 削減!

※当初借入金額を3,000万円とし、借入年を2005年として試算しています。

ケース4:フラット35→フラット35への借換

返済期間 ローン残高 残り返済期間
35年 2,730万円 30年
借換前の金利 借換後の金利
2.84% 1.47%
借換前総支払額 借換後総支払額
3,815万円 3,263万円

総支払額 552万円 削減!

※当初借入金額を3,000万円とし、借入年を2010年として試算しています。

住まい屋きらくでローンを借り換えるメリット

面倒な手続きは弊社で代行をいたします。

1.面倒な手続きを代行いたします!

お客様ご自身で借り換えの手続きを行うと、時間も手間もかなり取られて面倒です。いま借り換えをすると低い金利に出来るにも関わらず、その手続きが面倒くさく、借り換えることを諦めるお客様は少なくないと思います。

住まい屋きらくの住宅ローン借り換えなら、できる限りの手続きを代行しますのでスムーズに借り換えを行えます。

一番安い金利をご提案いたします。

2.一番安い金利をご提案いたします!

銀行は“店頭金利”という形で金利を公表しています。
しかしこれはあくまで“店頭表示の金利(希望金利)”なので、実際は店頭金利よりも低い優遇金利になる制度を用いています。

この優遇金利は、ほとんどの場合お客様の属性や与信によって変化します。弊社のように、銀行に多くのローンの案件を紹介する会社に対しては、紹介したお客様の貸与金利を優遇してくれる場合が多々あります。

なので、一般のお客様が銀行と交渉・手続きを行う以上に有利な条件でご提案することが可能になっています。

借り換え費用の負担を軽減します。場合によっては追加費用ナシも可能です。

3.借換費用の負担を軽減。追加費用なしも可能!

借り換えでは様々な費用がかかります。ご自身で手続きを行い、借り換えで毎月の支払い額が軽減されても、借り換え手続きで手持ちの現金を支出することに抵抗があるかと思います。

しかし、銀行によっては諸費用ローンとして、借り換えにかかる費用分をローンに上乗せすることによって自己資産0円が可能な場合もあります。
(※選択できる金融機関が限定される場合もあります。)

リフォームなどの夢を叶えられます。

4.リフォームなどの夢を叶えられる!

住宅ローンの借り換えで浮いたお金を使ってリフォームをすることもできます。

10年前の金利と比べると
今が1番安いです。

10年前は金利が3%に迫る勢いでしたが、今では1%前半までにダウンしました。

※財務省統計(2016年) ※金利は融資実行時の金利が適用されます。

FAXで簡単ローン削減シミュレーション

下記バナーからご質問シートをダウンロードしていただき、「返済予定表」「源泉徴収票」とご一緒に送信してください。
※住宅ローン以外のローンがある場合、その返済予定表もご一緒に送信してください。

ご質問シート(PDFファイル)をダウンロードするにはここをクリック

まずはこちらからお問い合わせ下さい

注意:事例参考です。数字や成果、価格をお約束するものではございません。内容や条件・状況により異なりますのでご相談ください。

トップへ戻る
サイドバー